マンション経営に失敗しないための10の方法

マンション経営は安全な投資

2013年になって安部総理が率いる自民党政権に変わって、アベノミクス効果が出てきております。
それまでの長かった平成不況で
世の中の全ての経済指標はどんよりと雲がかかった状態が続きましたが、
実体経済は未だ本当に良くなったとは言えませんが、
企業や個人の方々の気持ちに少しは明るさが出てきた感じがします。

 

低迷していた不動産投資にも明るい兆しが出てきておりますので、
個人や企業を問わずに前向きに不動産投資をしようと動きだす方が多くなっています。

 

テレビや雑誌、新聞、チラシなどの媒体にも「マンション経営」を促す喧伝も増えています。
不動産投資や賃貸マンション経営のノウハウを提供したり、コンサルティングする事務所も増えています。

 

不動産投資には多額の資金が必要になりますし、
不動産関係の経験やノウハウが無ければ危険な投資と考える方も多いことと思います。

 

確かに不動産投資は投資金額も大きくなりますので
銀行などから借金をするケースが殆どですから、
失敗すればリスクも大きく多額の負債だけ抱えて大変な事態に陥ってしまうこともあります。

 

一方で株投資や商品投資などと比べると不動産は比較的安全度の高い投資ともいえます。

 

適正な立地とマンションの間取りや賃料の設定などが間違っていなければ、
土地や建築物という固定資産がありますので
安全で銀行預金などに比べて賃料のほうがお得な投資方法と言えます。

 

ただし、賃貸マンション経営に対しての適切な指導を受けて
リスクの少ない形で経営に踏み切ることが成功の秘訣と言えます。

 

自分だけの一人よがりの判断ですと、選ぶ物件の地域と、
その地域で需要の多い間取りと賃料価格について判断を間違うことがあります。

 

やはり経営する地域で需要の多いマンションを建設することが大切ですし、
中古のマンションの一室を購入するにしても、
購入価格と想定できる賃料の相場価格が問題です。

 

一戸の中古マンションから初めて経験を積む

東京にはオフィス東京事務所のような貸し会議室がありますが

 

マンション経営にも様々なタイプと方法がありますので、
自分にあった方法でのマンション経営を選ぶこととが大切です。

 

不動産投資の経験豊富で資金的にもゆとりがあれば、
複数のマンションがあるマンション・ビル一棟を購入して賃貸物件として経営することも良い投資方法です。

 

また、マンション建設が可能な土地に新たに複数のマンションを
初めから設計して建設することも良い投資になります。

 

しかし、仮に資金を持っていても経験が無ければ、
初めから大きなマンションを一棟丸ごと購入することはリスクも有ります。

 

マンションの数が多い丸ごと一棟のマンションは投資額も大きくなりますので、
銀行ローンの金利や管理費用などを考えますと、賃借人が一定の率で稼働してくれなければ赤字になります。

 

稼働率を良くするには賃貸マンションの入居希望者を獲得できるノウハウが必要になります。

 

借りてくれるお客様を仲介してくれる仲介の不動産会社は数多くありますが、
実績が有って信頼してお任せできる不動産会社は意外と少ないものです。

 

そのようなリスクを考えますと今までに賃貸マンションの経営の経験が無いのであれば、
初めから冒険をしないで中古マンションの中から賃貸向きの
優良物件1戸を上手に購入して賃貸に出すことから初めるべきでしょう。

 

1戸のマンションを購入して賃貸マンションの入居者募集を
得意とする不動産会社に依頼して入居者を探してもらうことから始めましょう。

 

果たして直ぐに入居者が決まるかや、
空室にならないように次の入居者も直ぐに見つかるかも経験してみることが大切です。

 

また、仲介不動産に支払う手数料と物件管理の費用や賃貸側の責任の範囲なども、
この1戸のマンション経営で学ぶことから始めて下さい。

 

 

更新履歴