マンション経営を初める時期

マンション経営を初める時期

マンション経営を初めるにも自分の年齢から考えての時期と、
社会の経済情勢の状態を考えて投資することが大切です。
会社勤務者が退職金をもらって年金の受給資格も得てから、
ゆっくりとマンション経営をしたらと考える方が多く見受けられます。
確かに若い時にはマンション経営よりも、
もっと楽しみがある仕事がしたいと考えますし、
マンション経営は年寄り向きの仕事と考えることも理解できます。

 

 

 

また、サラリーマンなどで
毎日が忙しくてマンション経営などに取り組んでいられないということも分かります。
しかし、本当に事業として取り組んで将来の家族の安心のために
資産形成をしておきたいのであれば、年齢的には若い時から取り組むべきでしょう。
むしろ現役で仕事をしている間にマンション経営を始めたほうが良いのです。

 

一つの理由としては、若くて給料などの安定収入があるときのほうが
住宅ローンを長期間ローンで組めることが上げられます。
長期ローンであれば毎月の元利金お返済額も低く抑えられますので、
賃料収入で元利金の返済が楽にできますので余った分は預金や生活費に当てられます。
仮に30歳中頃からマンション経営を初めてローンを組んだとしますと、
入ってくる賃料の範囲で返済をしていけば丁度銀行ローンの返済が終わる頃が定年時期に重なります。

 

60歳で銀行ローンの返済が完済すれば、
その後の賃料収入は生活費に当てられますので、楽な老後生活が可能になります。
また、若い時から初めることでマンション経営の経験が豊富になりますので、
初めは1戸のマンションから始めても
2戸、3戸へと増やしても行けますので資産形成が大きく膨らみます。