マンション経営のリスクヘッジ

マンション経営のリスクヘッジ

マンション経営には色々なメリットがありますが、
第一には株やFXなどのように紙ペラになって投資金額が消えてしまう事が無いことが上げられます。
もし、考えていたような入居者の稼働率が上がらなくて損益状態がマイナスになっても、
マンションという物件は資産として残っていますので、
最悪でも売価すれば借り入れた銀行ローンの返済も終わらせることが出来ますので心配は有りません。
ただし、初めにマンションを購入するに当たっては、相場をしっかり把握して相場以下で購入する事は重要です。
昔にあったバブル期のように相場が超高額に跳ね上がった時に高額でマンションを買ってしまえば、
売るときにもマイナスになって銀行ローンの返済にも不足することになります。

 

マンション経営の第二のメリットには、
資産形成と安定収入が入ってきますので老後の生活設計に安心感があります。
第三のメリットには、将来において
子供たちの為に住宅を相続資産として残せるという安心感もあります。
マンション経営は銀行ローンという借金はありますが、
入居者が入ってくれている限りはローンの返済にも全く心配は有りませんし、
マンションの管理をしっかりした不動産会社に委託することで、
自分自身が動かなくても彼らがすべての業務をやってくれますので、高齢者になっても出来る仕事です。

 

一方でマンション経営における心配事としては、火災などの事故が起きたことなどがありますが、
今の時代には数多くの損害賠償保険が発達していますので、
適切な損保会社にアドバイスして貰えば心配は有りません。
また、万一自分に何か起きた時に銀行ローンの負債が、
子供たちや配偶者に行くのではという心配も、
銀行ローンに対応した生命保険が有りますので心配は有りません。