マンション経営で失敗しないために

マンション経営で失敗しないために

マンション経営は良いことずくめと考える方がおりますが、
過去の例を見ますとマンション経営で失敗して苦労された方がおります。

 

 

 

失敗の理由には幾つかの事例が有りますが、
最も大きな問題はマンションを購入するときに充分なマンション経営の知識と情報不足が原因になっています。
世の中の景気が良くなってきて多くの方たちが不動産投資に走る時期があります。
このような時期には瞬く間にマンション相場が上昇してきますが、
不動産業者も景気の先行きが明るいうちに儲けようとしますから相場を煽ります。
彼等にとっても高値で売れれば仲介手数料も大きくなりますので好都合ですから高値で売る努力をします。
この時期にはマンションの所有者も、少し待てば更に値上がりすると欲が出ますから売り物件も少なくなります。
売り物権が少なくなると自動的に相場も高くなってゆきます。
このような事が悪循環してマンション相場のバブルが始まります。

 

以前に起きた日本経済の異常なバブルも、このようなプロセスを経て急速な値上がり現象となったのです。
この時期にマンションを高値で掴まされた方々は、例外なく大損をしてマンション経営から撤退しています。
人の心理は怖いもので上がって来た相場は「今後も続くもの」と考え易いものです。
マンション経営を初めるには、その時の日本経済の動向をしっかり見極めることと、
購入金額や賃貸したい方々の動向と立地条件などを見極めることが成功の秘訣になります。
やはり、信頼の置ける専門家の意見を聞いて判断すべきです。