失敗しやすい事例

失敗しやすい事例

賃貸マンション経営で失敗しないための重要なポイントについて考えてゆきましょう。
マンション経営で過去に失敗してきた事例を見ますと次のような問題が浮かび上がって来ます。

 

1, 経済状況が急速に右肩上がりでインフレが進んでいて、マンションの相場も跳ね上がっている時に高値で買ってしまっている。

 

2, 購入にあたって立地と入居希望者の動向について情報が不足して間違ったマンションを購入した。

 

3, 立地からくるマンションの間取りと賃料設定が実情と乖離している。

 

4, 銀行の利息が高い時期に銀行ローンを組んでいて元利金の返済額が大きすぎる。

 

5, マンション経営を始めた年齢が高齢になっていたために銀行ローンの返済期間が短いために毎月の返済額が賃料収入に対して大きすぎる。

 

6, 購入したマンションの立地条件が学生向きの場所にもかかわらす、大きな間取りのマンションを買ったために賃料設定が高額になっている。

 

7, マンションの入居者募集を依頼している不動産屋が熱心でなくて空室状態が続いている。

 

8, 購入するときに建築物の状態チェックや設備関係、内装などをしっかり検討しないで買ってしまったので
耐震構造などの建築物の問題点や設備の欠陥が多い物権を買ってしまった。

 

9, 地域的に学生や外人が多い地域ですと、

 

購入時の入居者の滞在期間よりも短くて直ぐに転居してしますが、次の入居者が中々決まらないので空室率が高い。

 

10,学生やシングルの外人は入居しても直ぐに解約したり、突然いなくなって探せない事が有りますので管理が難しい。