マンション経営の心配事に対処

マンション経営の心配事に対処

余程の資産家でない限り金額の張る不動産を購入するには銀行ローンを利用する方が殆どと思います。
ですから、マンション経営を実践するには銀行ローンという借金も抱えることになりますので
長い間には自分自身の健康上に何か起きたら借金を配偶者やこともなどに負わせることにならないかが心配です。

 

 

 

また、マンション経営が赤字になったら銀行ローンの返済ができなくなることも頭痛の種になります。
このような事があるのでマンション経営に踏み出せない方が多くおります。
確かに心配されることは当然のことですが、
実際にはマンションを購入するために銀行ローンを借りる場合には必ず生命保険に加入する事になります。
銀行指定の団体生命保険に加入させられますので、
万が一自分が死亡したら保険料がおりますので
銀行ローンの残額は保険料で100%カバーされますので残された遺族の方が心配する必要は有りません。

 

むしろ保険料で銀行ローンが返済されますので、遺族は無借金でマンションを相続できるということになります。
もう一つの「マンションの借り手が無くなったら」という心配事は、
どんなに最悪の状態でもマンションという資産が有りますので、
売却すれば銀行ローンを返済することが可能ですので心配する必要は有りません。

 

さらに、借り手が少ない時には期間限定で家賃を下げて貸せば入居者希望は一気に増えます。
一時期は自分の利益を抑えて銀行ローンの元利金と税金だけを
支払える金額にまで賃料を下げることで飛躍的に入居希望者が増えます。
「時期が良くなったら変更できるような条件付きにして契約する。」